HARADAプライベイト

見ろ、あれが俺らが探していた両国国技館だ。見ろ、あれが俺らが憧れた力士だ。見ろ、あれが俺らが恋い焦がれたちゃんこ鍋だ。みろ、あれが俺らが求めていた力士の(やけに美人な)嫁だ。

夏とかけまして、バンジージャンプと解きます

その心は、勢いで恋(故意)に落ち、一瞬で終わり、そう度々経験できることではなく、始まりはドキドキして、ハラハラして、終わってみるとあっけなくて、またしたいと思う人もいれば、もうしたくない人もいたり、誰かに後押ししてもらったり、誰かを後押ししたり、はたから見れば大したことないと思ったり、望み(臨み)が高ければ高いほどそのハードルは高くなるでしょう。

 

って途中から恋とバンジージャンプのなぞかけになってるーーーーー!!