HARADAプライベイト

見ろ、あれが俺らが探していた両国国技館だ。見ろ、あれが俺らが憧れた力士だ。見ろ、あれが俺らが恋い焦がれたちゃんこ鍋だ。みろ、あれが俺らが求めていた力士の(やけに美人な)嫁だ。

朝5時起きになるための1200のこと

その1197:寝ない

いたってシンプルなことではあるが、やはり寝ずに5時を迎えることが一番手っ取り早い、もうこれについては1200項目の内に27回出てきた、テストであれば超基本の知識として取り扱われる項目である。

 

メリット:確実に5時に起きれる。

デメリット:まず寝ていない、疲れる、毎日続けたい人には向かない、そもそも5時に起きる必要がない。

 

 

その1998:時計の針を5時に合わせ、起きたことにする。

元も子もない、時間の概念を完全に無視した荒技である。1200個をとにかくこなす為の逃げであり、逃避である。つまりエスケープである。

 

メリット:いつでも5時に起きれる

デメリット:だいたい5時ではなくなる、時間の感覚を失う、そもそも5時に起きる必要がない

 

その1999:あきらめる

5時に起きること事態をあきらめると言う完全に逆転の発想である。斬新、新進気鋭、イノベーティブ、どれも似つかわしくないほどに後ろ向きの発想、早起き界の異端児、早起き界のスティーブジョブズ、早起き界の日暮熟睡男、である。

 

メリット:やっぱり5時に起きる必要はなかった

デメリット:通常の生活に戻れる

 

ラストの2000番目は、いつかの次回!