HARADAプライベイト

見ろ、あれが俺らが探していた両国国技館だ。見ろ、あれが俺らが憧れた力士だ。見ろ、あれが俺らが恋い焦がれたちゃんこ鍋だ。みろ、あれが俺らが求めていた力士の(やけに美人な)嫁だ。

かっこいい系の映画に出てくる主人公に学ぶデキる男の仕事術3

1年以上のときを経てこのかっこいい系の映画に出る主役の仕事術についてのシリーズも最後となった。

 

1年前の記事はこちら

 

daikanon.hatenablog.com

 

 

daikanon.hatenablog.com

 

 

この1年間の間に筆者も成長したはずであり、まっとうにかっこいい映画の主人公を紹介できそうな気がするのである。

 

できる男④ アーノルド・シュワルツェネッガー

 


アーノルド・シュワルツェネッガー/Arnold Schwarzenegger 日清カップヌードル 2 ...

 

この男を紹介するのを忘れていたぜ、紹介しよう、筋肉が人よりも比較的多い人間(アーノルド・シュワルツェネッガー)である。

 

こいつはすごい、有名なターミネーターの時とかやっぱ筋肉の量が人よりも多かったし、ターミネーター2のときもやっぱり常人よりも筋肉量が多かった、よくよく考えたら3の時もそうだったような気がする。

 

出来るPOINT:筋量とバカっぽさは比例する。

 

いつかの次回!