ハラダプライベート

まっこと愉快なプライベート空間

飛び出す痰と、ハンドスピナー

近所のギトギト豚骨ラーメンを食べた。

調子に乗って半チャーハンまでつけた。

 

高糖質・高脂肪。高糖質・高脂肪。

高カロリー、塩分過多。

上がるテンション、上がる血圧。

下がる健康意識、翌朝のだるさ。

 

そんなものは忘れて一心不乱に食べた。

替え玉もした。腹をいっぱいにしたかった。

 

890円、客単価の平均値を上げるお会計をすませ、歩いて帰る。

 

喉が絡む、痰だ。

口の中にでかい痰が溜まってしまった。

 

たまらずベッと吐いた痰はクルクル回った、ハンドスピナーみたいに回り続けた。

回りながらゆるい弧を描いた。現役時代の小久保裕紀のホームランような美しいアーチ。

現役という言葉で思い出すのはやっぱり「プロ野球選手」と「女子大生」くらいなもんだ。

すれ違う「元」現役女子大生が痰を吐いた俺を侮蔑する目で睨みつける。週刊文春で不倫が報じられた有名人を見るような目で俺を見る。心の中の声が顔に全部出る、顔面電光掲示板に無機質なドット文字が右から左にスライドしていく。「なにこいつ痰吐いて、きたない、臭い、気持ち悪い、次は不快、不快駅に停まります。」どうか快速であってほしい、俺の駅なんか一個くらい飛ばしてほしい。特急なんて贅沢は言わない。

 

ハンドスピナーは回り続ける。

 

ニューヨークで流行り始めたこのおもちゃは瞬く間に日本でも流行った。ベアリングが内蔵されてていて、ただただ回るだけのシンプルなおもちゃ。これはそもそもおもちゃなのか?最近あまり名前を聞かなくなってしまった。爆発的に話題になったからか。走り去るように消えてしまうのか?10年後こういうおもちゃがあったね懐かしいねと言って終わるのか?そんなんじゃ寂しすぎる、虚しいだけじゃないか。てか俺んちにあったハンドスピナーどこいったっけ?まあいっか。

 

ハンドスピナーは着陸体制にむけ、少しづつ下降を始める。

 

2.3秒のフライトはあっけなく、福岡〜天草間の飛行みたいなもんだ、いやいやそんなことはない、これは移動するためのフライトではない。お客さまに存分に楽しんでいただくための素晴らしい時間だ。そう、移動から旅行は始まっている。だから、思い出に残るフライトを。ご登場いただき、誠にありがとうございます。ハンドスピナー号TAN931便は間もなく、着陸いたします。

 

柔らかいハンドスピナーは地面に着くと形を失って、ただの痰になった。

 

 

俺がやる

日本人は消極的だ

と言う言葉を何度も聞いたことがある。

確かに、講演とかで話が終わってから質問する人も少ないし、いないときだってある。あれはひどいもんだ、と思いながらも自分もだいたい質問することはない。

 

誰かが質問すると他の人もだいぶ質問しやすくなると思うが、最初に質問するのは相当聞きたいことがない限りは手を挙げることなどない。

 

質問をしなければならない訳ではないけど、しないよりはしたほうがいい、したほうが話が広がる。

 

わかってる、でも緊張するしなかなか聞けない、どうしよう、そう思ってる間に時間は刻々とすぎて、質問タイムは終わりを告げる。

 

質問タイムは短い、だいたい5分から10分ってとこだろうか、だから質問は講演中に話を聞きながら考えなければならない、しかし、そんなことを考えていては話も頭に入ってこないし、なんのために聞きに来たのかわからなくなる。

 

質問はせず、話を聞くことに徹したほうがいいのではないか?そんな気さえする。でも質問したら講演した人は喜ぶだろうし、場も盛り上がりを見せる。

 

「俺がやる」

 

その気持ちが大事だ。その気持ちがなければ、質問をする意味がない、誰かがやってくれるでは、意味がない。

 

勇気を持って、腕をまっすぐに、手を挙げる。

 

そうすれば、新しい道が開かれる。

 

地面に対し、腕を直角に上げ、指の先までまっすぐにする気持ちで、「絶対に指名される」と言う強い気持ちを持って。

 

その強い気持ちは必ずや、周りの人にも伝わる。「あいつは本気だ。」そう思わせる。そう思わせなくてはならない。そう思わせることで、周りの人にも無言のプレッシャーを与えるのだ。

 

「俺は手を挙げた、お前はどうする?」そう言わんばかりに気持ちを伝えろ、そうすれば自然と他の人も手を上げ出す。

 

その自分の気持ちに押され、他の人もポツポツと手を上げ始めたところで、あなたはこう言う、「俺がやる!」

 

すると他の人たちもそれに押され、1人、また1人と「俺がやる!」と言い出す。

 

会場は割れんばかりの「俺がやる!」コールで沸き立つ。もう、最高潮の盛り上がりを見せる。

 

ほぼ全ての人が手を上げたところで、最後の人もついに手を上げる。

 

「じゃあ俺も!」

 

 

 

 

その瞬間、他の全員が一斉に言う。

 

 

 

 

 

 

「どーぞ、どーぞ」

 

 

質問タイムはこうして始まる。

侍ジャパンはいいとして

WBCワールドベースボールクラシックが盛り上がりを見せている。

日本人として気になるのはやはり侍ジャパンの活躍である。

快進撃とはこのことで、侍ジャパンは一次リーグを全勝でクリア、これから侍ジャパンはアメリカでの決勝ラウンドへ臨む、侍ジャパンの決勝ラウンドでも変わらない活躍を期待している。

 

侍ジャパン、さむらいジャパン、さむらいJAPAN、、、

 

ん?なんか気になるな、さむらいジャパンってなんか変じゃないか?

侍ジャパンって、みんな侍じゃないよね?確かに、強さとか日本っぽさを出すためにはサムライという呼び名はいいと思う。どっちも兼ね備えているし、戦うという意味においては最適な名前だ。農民ジャパンでも職人ジャパンでも、商人ジャパンでもダメだ、やっぱり武士、サムライでないと格好がつかない。

 

ここまでは分かる、でも1つ気になることがある。

 

◯◯ジャパン=日本代表ってのはわかるけど、他の国でもそういう言い方をしたりするんだろうか、もしそうだとしたらどんな感じになるのか。

 

今回は日本と同じ組で戦ったプールFの国について考える。

 

まずは、中国について考える。

 

パンダ中国

なんだか弱そうだ、パンダは戦うという事とはだいぶイメージが離れている。

やっぱり強そうなものをイメージできるような名前にしたほうが良さそうだ。

 

卓球中国

いやいやこれじゃ野球関係ない、卓球は確かに強い、確かに強いけどここで卓球を出したら話がややこしくなる。もっと離れよう。もっと強そうな名前はないだろうか。

 

カンフー中国

お?これはいい感じ?でもやっぱりカンフーもスポーツのひとつだからこれはダメだな、あ、カンフーで強そうな人がいるぞ

 

ジャッキーチェン中国

これは良さそうな気がする、、でもまてよ、人の名前を前に持っていくとそこはだいたい監督の名前だよな、王ジャパン、原ジャパンみたいな。

 

というよりも、◯◯ジャパンときてるなら◯◯中国じゃなくて、◯◯チャイナだな。

 

 

ブルゾンちえみに感じる新しさ

彗星の如く現れた、ブルゾンちえみ。

また、お笑い界に新しい風が吹いた。昨年の大晦日の人気番組で出てきた女芸人、ブルゾンちえみである。なんだか嫌いじゃない、股間がムズムズする。いかにも仕事できます、持てます、プライド高いですって感じのキャリアウーマンが、男たちをもてあそぶ、ありそうでなかったタイプのネタだと思った。

 

ブルゾンちえみのネタに感じる新しさ。

ただ、ブルゾンちえみのネタを見ながら、なにか新しさを感じる。なんだろうこの新しさは?これまでもピンにせよコンビにせよ、今まで見たことのないネタを引っさげ女芸人たちは現れてきた、しかし、ここにきて、ブルゾンちえみはネタ自体の新しさとはまた別の新しさをもってきたような気がする。

 

これまでの女芸人たちのネタ。

これまでも、多くの女芸人たちは斬新なネタを披露してきた、簡単な分類ではあるが、大まかに3つに分けてみた。

ものまね系

柳原可奈子横澤夏子はアパレルのショップ店員など、よく見かけるけど今まで気にしていなかった女性をピックアップし、一見おおげさな物真似のようでいて、本当にいそうな女性を演じるというネタ、まるでよくいる女性に憑依しているようなネタだ、やりすぎ感が逆にリアルに感じられ面白い。

キャラ系

渡辺直美ゆりやんレトリィバァのように強烈なキャラを前面に押し出すタイプのネタもわかりやすて面白い。渡辺直美はもはや説明不要、今や世界の渡辺直美、3に関する数字は関係ない。ゆりやんレトリィバァも強烈なキャラネタの中に妙な知性を感じる不思議なネタで笑いを誘う。

ギャップ系

おかずクラブ、尼神インターのように容姿を利用して笑いをとるパターン。たとえばおかずクラブであれば、決してモテるタイプには思えないオカリナがモテる女の子のキャラを演じるところに面白さがある。このネタにはゆいPのツッコミはない、むしろ、ゆいPもオカリナ側の人間である。いやいやそんなわけないだろという見る側の心の中のツッコミによって成立する。一方尼神インターもモテた経験のない誠子がいかにもいい女を演じるというネタだが、こちらはツッコミがはっきりとしており(むしろキツめのツッコミ)、誠子一人が暴走しているような面白さがある。見た目と発言のギャップが面白い。

ブルゾンちえみのネタのポジション。

上記の簡単な3分類の中では、ブルゾンちえみのネタはギャップ系に属するように見える、若しくはキャラ系のようにも見える。しかし、ギャップ系の面白いところは、いい女を装っているが、お前が言うなというツッコミが入るところのギャップの幅の大きさが大きいほど面白いのではないかと思う。ブルゾンちえみもそのツッコミを入れたくなるようなネタである。しかし、何かギャップの強さには少し違和感を感じる。

 

 

ギャップの幅は少ない?

ぴったりのワイシャツにタイトなスカート、なおかつ彼女の体は豊満である。これはネタの面白さを殺しかねない、なぜならこの手のネタはボケの女性の非モテ感と自分の中のいい女感のギャップが開けば開くほど面白くなるはずである、しかし、ブルゾンちえみは妙にエロさがある。好きな人にはモテるタイプ、股間をムズムズさせるタイプ。これでは先ほどのギャップが少なくなって面白みがなくなってしまうのではと思わせてしまう。つまり、ブルゾンちえみのネタの面白さはここではないような気がする。

 

 

 

ブルゾンちえみのネタで面白いと感じる要素

ブルゾンちえみの何に面白さを感じるか、そこが新しさのみ秘密のような気がする。というか「ブルゾン」って響きと「ちえみ」って名前がそもそも面白い。

ブルゾンちえみから感じる本気。

ブルゾンちえみがよりいい女で、仕事ができて、モテる女性であることを強調すればするほど、彼女自身が本気でそう思っているのではと思わせる彼女の心の奥が透けて見えるような気がするのだ、見た目と思いのギャップをあえて笑いにするのではなく、より妖艶に、より心の底からそう思っている感じを出せば出すほど、この妙なしっくり感で笑ってしまう。妙にしっくりきているのである。しっくりきすぎて笑ってしまうのである。キャラではない、彼女が普段からこのキャリアウーマンに近い思想を持っているような気がして、笑ってしまうのである。

 

謎の巨匠感。

彼女から感じる謎の巨匠感。草間弥生感。妙に立派さを感じる。あの目元のきつめのメイクもクレオパトラ感を感じさせるし、あのムッチリとした体型も彼女のネタをより際立たせる。彼女が痩せ型で、メイクがきつくなければそこまでしっくり感を感じることがなかったような気がしてならない。

 

男性が2人いるという新しさ。

ブルゾンちえみの両脇には男性がいつも2人いる、よく、ブルゾンちえみwith Bとして別の若手芸人と一緒にネタを披露しているが、他にも外国人男性を起用している場合もある。ここが斬新なポイントだと思う。たまに、ピン芸人のネタでもそのピン芸人以外で一時的な演者が登場する場合があるが、あくまでサポート的な存在であり、基本的にはボケにしっかりと関与するわけではない、そうでないと変な感じになる。しかし、ブルゾンちえみのネタは両脇の男性が、肝であり、両脇の男性によってこのネタが成立しているように見える。この両脇の男性がいなければこのネタの面白さも半減するのではないだろうか、男性はより男性らしい方が良い、イケメンで、たくましく、外国人である方がよりブルゾンちえみのブルゾンちえみたる存在感が際立つ。

 

実際、ごちゃごちゃまとまらない話をする前にネタを見たらいいのではというのは薄々感じている。

とにかく股間がムズムズする。

 

女子力

会話の中で、女子力が高いとかなんとかよく聞くが、女子力ってなんなんだろうとふと思った時に、モテ要素がたくさんある女の子のことを女子力が高いと考えることなのかなとふと思った。

女子力が高い=料理上手、気がきく、話し上手、おしゃれ、美容への意識が高い、優しい、お菓子が好き、細い、ちょっとドジ(演技)

すごい、女子力で検索すると色々な視点から意見がある、例えば、こんな女子は女子力が低いとか、男性から見たこんな女子力がいいとか、誰が言い始めたのか知らないけど、なんか流行ってる感じがする。

じゃあ逆に、女子力が低いってのはどういう状況なのだろうか、たぶん、女子力が低い状態は男子力が高い状態だと考える。そうすればモテるかもしれない。

男子力が高い状態はすなわち、料理が下手、気が利かない、話下手、ダサい、美容の意識が低い、性格悪い、お菓子が嫌い、太い、しっかりしている、ドジ(リアルドジ)

これは、モテるぞー!

ツッコミ入れたい

居酒屋のキャッチの兄ちゃんが、話しかけてくる、「居酒屋ですか⁉︎」「今日は居酒屋じゃなかったですよね⁉︎」って。

 

俺は居酒屋じゃないよ、あれ?でも今日はもしかして俺居酒屋なのかな?居酒屋だったときの面影ある?いやいや居酒屋なわけないな、ありえない。でもちょっと待てよ、チェーンの居酒屋ってことか?それだったら可能性あるかも、、ってんなわけない。居酒屋だったらこんなとこいないわ、てか居酒屋ですかって結構失礼だろ、せめて居酒屋「さん」ですか?だろ。名字か?裏をついて下の名前か?大学生の一気飲みか?スケべ親父のくだ巻きか?年齢無制限の女子会か?

 

ふと、我に帰った私は、すでに居酒屋に入っている、これは夢か?幻か?とりあえず呼び出しボタンを押して生ビールを注文した。注文を受けるなり、学生バイトがタッチパネルで注文してくださいとイラついている。

 

薄味の生ビールと乾ききった枝豆をつまみながら、私はメニューを見る。この手の店のタッチパネルは反応が悪い、頼んだつもりもない品が来ることがしばしばある。履歴を見ると、頼んでいる。ああそうか、頼んだことを忘れていたんだ、1番初めに頼んだのに宴もたけなわな時間に来るやつだ。

 

4杯目の焼酎グラスが空く頃には、残り少ない枝豆が乾きに乾いて餓死寸前。

 

そこそこの時間になってベロベロの宴会部長がすっくと立ち上がり、一言「宴もたけなわで縛って亀甲縛りではございますが。。。」

 

最後に氷結、マイナス2度。

サインの練習

最近はサインの練習を中心に生活している。100均で色紙を使って、練習をしている。

サインボールを使って、練習をしている。

急に頼まれてもいいように、表紙の柔らかい手帳にも、簡単なメモ帳にも、いつでも対応できるように練習をしている。

ティッシュにも。

ティーシャツにも。

サインはどこにでも書かなければならない、より正確に、より美しく。

私がそんな風に急にサインを練習し始めたのもある話があるからだ。

 

以前、彼女と本屋と併設されているカフェに行った時、ああ、名前をはっきりと書くとアレだからぼかして言うと、スター○バックスとツ○タヤが一緒になったお店だ、すごくオシャレで、オシャレモンスターがいっぱいゲットできそうなあのオシャモンGO、みたいな。

 

そのお店で本を読みながらくつろいでいたところ、世界的にも有名な大スターを見つけた。それはもう大スターで、世界記録を持つほどの大スターだ、大スターって本当にいい響きだ。

 

そのとき大スターは何かしらの本を探していて、何やら店員とやりりをしている、ごちゃごちゃとした雰囲気に気づいた私は何の気なしに大スターと思わずその大スターの方をパッと見るとそこには大スター。思ったよりも背が高かった。

 

私は初めて大スター生で見たものだから興奮していたが、そこは大スターのプライベートの時間。そんな時間を私のような人間が脅かしてはいけない、私は努めて冷静に、小さな声で彼女に大スターがいることを伝えた。

 

彼女も大スターだとすぐに分かり、興奮収まらぬ様子であったがワイワイとは騒ぎ立てず、チラチラとその大スターの一挙手一投足一本足を気にしていた。

 

しかし、興奮冷めやらぬ彼女はついに「サインをもらおう」と提案し始めた。もちろん、私はその大スターのサインが欲しかったし、大スターと一度お話ししたかった、お風呂だって入りたいし、朝まで飲み明かして、将来の夢とか語り合いたい、あとホームランの打ち方を教えてもらいたい。

 

私は悩んだ、大スターのプライベートを取るか、自分の欲求を取るか、一生に一回会えるか会えないか、それくらいの大スターだ。ミュージアムができるくらいの。

 

最終的に、私はサインをもらうことを辞め、大スターのプライベートな時間を大切に過ごしてもらうことに決めた、もちろん、彼女とはモメた。彼女の気持ちはこっちを向いていなかった、向こうを向いていた、野球でいうと左バッターが不利になるように極端に右寄りのシフトを敷いていたようなものだ、あの有名な王シフトのような。

 

私は怒った彼女をなだめるため、ある対策を練った。そう、私が大スターのサインを書くということである、私は持っていたスマートフォンをすぐさま取り出し、「大スター サイン」で検索、ものの数秒で大スターのサインがごっそり出てきた。たぶん少なくとも868画像はあったと思う。

 

その中でも大スターのサインの真横に大スターの書いたであろう字で「信ずる道を」というコメントが書いてあったものを引っ張り出し、彼女の手帳に、丁寧に、まるで自分が大スターになったような気持ちになって、書いた。89も忘れずに書いた。

 

私の魂が乗り移ったのか、彼女は私のサインを見るなり安心したように静かに眠りについた。ああ、なんだ、眠かったのか、そうかそうか、、私は一安心して、また本を読み始めた。

 

そんなことがあったのである。だからこそ、いつなんどき、どんな場所でも大スターのサインを求められてもいいように、私は大スターのサインの練習をする。

 

誰に何を言われても、それでも私は大スターのサインの練習をする。

 

ありがとう、私の大スター。

 

またいつか、会う日まで。。。